メンタルヘルス対策セミナー

社員の「心の健康管理」とも言えるメンタルヘルス対策の基本的な取り組みや基礎知識のセミナー・教育研修をご提供しています。

メンタルヘルスをどう捉えるか?

職場の安全配慮義務や社会的責任など、企業を取り巻く状況は以前よりも厳しいものとなってきています。メンタルヘルス対策もその一環として、またリスクマネジメントとしても考慮しなければならない状況になってきています。

メンタルヘルスとは「心の健康管理」

より良い心の状態をつくるための対策が、メンタルヘルス対策です。つまり従来の健康診断と同様の配慮を精神面でも求められるようになってきたということです。

社員にとっては、「心の健康を崩さない、または自分自身で修復するために、企業・職場に対して安心感を抱けるように支えること」、企業にとっては「生産力の低下や、労働力の損失を防ぐこと」が主眼となります。


メンタルヘルス対策の3段階

メンタルヘルス対策としては、次の3段階があります。

  1. 予防
  2. 早期発見・対応
  3. 治療・再発防止

現在は2や3の段階についての対策が中心に取り組まれてきていますが、最近はその段階に進展しないよう1の段階で対策を取ることに中心が移ってきています。


メンタルヘルスの予防対策

予防には大きく二つの対策があります。

社員個人のストレス管理
・ストレスやメンタルヘルスに関する基礎知識の習得
・ストレス発散の手段を持つ
職場環境の改善
・職場環境の問題点の洗い出し
・作業量や人材配置の適正化

以上の取り組みによって過度なストレス状態に陥る確率を減らしていきます。


グローバルエースでは、このようにヘルスケアの予防段階における基礎知識や基本的な取り組み、個人のメンタルヘルスの傾向を掴んでもらうためのセミナーや教育研修に取り組んでいます。

これからメンタルヘルス対策への取り組みをお考えの企業様には最適の内容となっています。

また、セミナーや研修に当たっては、条件さえ合致すれば企業様が厚生労働省の雇用調整助成金を活用してお申込みいただくことも可能です。